亜鉛サプリ豆知識

亜鉛が不足するとどうなる?

さて、亜鉛が不足すると前述のように味覚障害や貧血などが起こると言いましたね。

ではなぜ亜鉛の不足によって、味覚障害が起こってしまうのでしょうか?

私たちが食べ物を食べて「おいしい」と感じるのは、舌の働きのおかげですよね。

この舌には「味蕾(みらい)」という感覚器があるのですが、その数はなんと1万にもなると言われていて、そのおかげで複雑な味が理解できるようになっているんですね。

ただ、味蕾は加齢やタバコを吸うこと、また刺激物によってどんどん衰えていってしまいます。

味蕾は細胞分裂がとても激しいところなのですが、亜鉛は細胞分裂に大きく関わっている成分なので味覚障害が起こりやすくなってしまうんです。



恐ろしい欠乏症

亜鉛の効果については前述にもありましたが、免疫力アップや細胞修復などのパワーを持っていると言いましたね。

亜鉛が不足してしまうと、免疫機能がダウンしてしまうほか、胃腸の機能も衰えてしまうために下痢を引き起こしてしまったり、貧血に陥ってしまうことも。

ただ、逆に亜鉛を多く摂り過ぎる…というのも体にとって良いことではありません。