亜鉛の過剰摂取による危険性

摂り過ぎるとどうなる?

亜鉛を摂り過ぎると過剰症として善玉コレステロールの血中濃度を下げてしまったり、鉄分や銅の欠乏症も引き起こしてしまうと言われています。

そのため貧血を起こしてしまったり、頭痛や下痢、倦怠感などの症状があらわれてしまうこともあるようです。

不足してしまうことはもちろんですが、過剰摂取にならないようにしていく必要があるということです。



亜鉛を摂り過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?

もともと体の中にほんのわずかしか含まれていない亜鉛ですが、長期間摂り過ぎることで「銅」の吸収率が低くなってしまうと言われています。

銅の吸収率が悪くなってしまうと、同じように鉄分の吸収量も下がってしまいます。

そのせいで貧血を起こしてしまったり、頭痛や嘔吐に加えて、腎臓障害も起こってしまうと言われています。

また、一度に大量に亜鉛を摂取してしまうと中毒になってしまう可能性もあるので、サプリメントなどを摂取するときには注意が必要です。