亜鉛が摂れる食品とは

生きていくのに欠かせない「亜鉛」ってどんな成分?

私たちの体は、毎日健康的に動いて生きていくためにたくさんの栄養を必要としています。

ごはんやパンに含まれている炭水化物などの糖分、野菜やフルーツに含まれるビタミンなど、毎日あれこれと栄養を摂っていますよね。

数え切れないほどたくさんある栄養分ですが、その中の成分に「亜鉛」があります。

亜鉛というと金属をイメージするかもしれませんが、実は体の中にも亜鉛がわずかながら含まれているんですよ。

この亜鉛ですが、ほんの少しだからといってあなどってはいけません。

けがをしたり傷ついた細胞を修復してくれるパワーを持っていると言われているほか、免疫力をアップさせる補助の役割も持っています。

亜鉛は体の中でも骨と脾臓に貯えておくことができると言われていますが、その量もほんの少し。

亜鉛不足になると味覚障害や貧血など、たくさんの症状が現れてしまいますので、積極的に摂取していきたいものですね。(摂り過ぎない程度に)

では、亜鉛を効果的に摂取するにはどうしたら良いのでしょうか?



亜鉛たっぷりの食べ物はこちら!サプリメント服用も◎

まず、亜鉛を多く含んだ食べ物にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

牡蠣・鰻・ししゃも・帆立などの海産物をはじめ、牛肉・レバーといった肉類。

高野豆腐や納豆といった大豆製品、バナナ、いちご、アーモンドやカシューナッツといった種類にも多く含まれているそうです。

そのほかにも、チーズやアイスクリーム、スキムミルクといった乳製品にも多いよう。

亜鉛はサプリメントなどでもよく販売されていますが、サプリメントからの亜鉛摂取は簡単な反面、過剰摂取になりやすいので注意が必要です。

ただ、サプリメントをうまく利用していくことで亜鉛を毎日しっかりと摂取していくことができます。

容量を守って摂り過ぎに注意しつつ、上手に健康管理を行いましょう。